オールシーズン使える、シルクの魅力

化学繊維だと皮膚がかゆくなる方やアトピー性皮膚炎の方、敏感でやさしいものを求めて来た人達がたどり着くシルク。
料理の食材にこだわりを持っているように、衣服の素材にこだわりを持っている。そんな方にもおすすめなのがシルクです。
こちらでは、様々な魅力を持つシルクについてご紹介いたします。



《繭から作られた繊維》

 
繭から作られた繊維

シルクは蚕の繭を利用して作られた繊維です。人間の皮膚と同じタンパク質でできており、軽くなめらかな肌触りをしています。蚕は幼虫から成虫になる際に繭を作り、その中で過ごします。

繭は多湿にならず、また乾燥もし過ぎずと適度な温度を保ちながら蚕を守ります。そのメリットはシルクになっても活かされており、シルクは放湿性・保湿性・吸湿性が高く、夏は涼しく冬は温かく過ごす事ができ、オールシーズン使用できる大変便利な繊維と言えるのです。



《シルクの特徴》

 

シルクにはまだ様々な特徴があります。人の肌に近い18種類以上のアミノ酸で構成されているタンパク質でできた繭を使用していますので、肌にやさしい素材です。アトピー、乾燥、化学繊維に敏感な方でも安心してご利用いただけます。体にかゆみの伴う湿疹がある方には、本当におすすめ。

シルクの糸は髪の毛の30分の1という細いものです。この繊維が皮膚とこすれ、表面の汚れや古い角質をやさしく落としてくれます。
皮膚と同じタンパク質のため、肌を傷める事もないでしょう。黒いシルクインナーを身につけていると、角質が取れているのが分かります。

さらには、吸放湿性が高く、微生物の繁殖を抑え皮膚を正常な状態に保つ事からも、肌着や下着に一番適している清潔で抗菌性の強い素材なのです。
下着のデリケートな匂いや汗の匂いなどの違いで実感いただけます。

また、静電気が起きにくくホコリやチリなども寄せつけにくいので、大切に使用すれば綺麗な状態を保つ事もできます。その他、セリシンには天然のUVカット作用や強い抗酸化作用があり、最近では化粧品に使用されるほどです。ただ身につけているだけで、やさしくスキンケアができてしまう、そんな優れた繊維と言えます。


《シルクを利用した様々なアイテム》

 
シルクを利用した様々なアイテム

多くの機能性を持ったシルクは、下着以外にも様々なものに使用されています。保湿や保温といった点を活かして、冷えとり靴下タイツ腹巻きなど、体を温める事を目的としたアイテムに活用されています。また肌触りもよく光沢感もあるので、オシャレ用のスカーフやネックウォーマー、マスクなどにも用いられます。

冷え性にお悩みの方や肌にやさしい素材をお探しの方は、普段の小物などに高級感や質感を持たせる事もできるシルク製のアイテムを選んでみてはいかがでしょうか。

良いものだからこそ、大人の女性はもちろん20代からでもシルクインナーの良さに触れてください。知らないままなんてもったいない!
コートヤード.では、様々な日本のメーカーのシルクインナーやシルク小物などをセレクトして仕入れています。
現在シルク自体の生産はほとんど中国ですので、日本でデザインや企画をして、中国工場で作られるケースが多いです。

↓メーカーこだわりのシルク製品↓
http://www.courtyard-de.com/?mode=grp&gid=1726230&sort=n

>