MARIAS(マリアス)

HISTORY mariasの歴史

20代のころに世界各国を旅したマリアは、旅の中で 多くの自然に出会い、 また人と自然が共存することに 深く感銘を受けました。

そしてオーストリアに帰国した彼女は自給自足の生活 を始めたのです。

自然と向き合い、共存する生活の中で 彼女は家族や友人のために手作りの石鹸を作り始めました。

その後、摘み取ったばかりの花や根で軟膏を作るなど、 様々な製品を自然なものから手作りするようになりました。

そのうち、マリアの手作りコスメは評判を呼び、”手作り” をモットーとした 繊細なナチュラルコスメの製造所を設立 しました。

現在も生産者としてのキャリアを重ねています。

自然をこよなく愛し、妥協を許さないマリアの研究から生まれた商品はどんな年代の方にも 安心してオススメできるものになっています。
< 前のページ
次のページ >
2件 [ 1-2 ]
マリアスオーガニックコスメは徹底した品質基準を設けており、原材料へも強いこだわりを持っております。 オーストリアの厳しいオーガニック認定基準をクリアし、さらにマリアス社独自でも厳しい基準を設けております。

シアバターは、アフリカ・ブルキナファソの女性をサポートするフェアトレードプロジェクト から生まれたものです。産地を気にするだけでなく、その土地に住む人々にも協力することを心がけております。 その他にも、イタリア・アペニン山脈のバイオダイナミック農法で作られたハーブ、ギリシャの有機栽培農家のオリーブオイル、 フランス・プロヴァンスのフラワーウォーターなど世界各国の様々な地域からMARIASは心を込めて原材料を運んでいます。

おすすめ商品

>