山澤清 自然派化粧品

オードリーインターナショナルのメイン商品である、「山澤清 自然派化粧品」

山澤 清は化粧品の原料となるハーブだけでなく、ハーブを育てる畑作りからこだわります。山澤さんは言います。

オーガニックの物ってたくさんあるけれど、僕にしてみたら原料を育てるところ・・・土だったり堆肥からこだわらなければ嘘だと思うの。」

その言葉通り「山澤 清の自然派化粧品」は農薬や化学肥料をいっさい使いません。

開墾以来、30年以上もの間、有機栽培が実践されるハーブ畑は、他の畑よりも柔らかく、しなやかな弾力が感じられます。また、土の温度も、他の畑よりも0.5〜1度ほど温かく、自然の体温が生きています。

抗生物質やワクチンが残留する家畜の堆肥を嫌い、薬物で汚染されない食用鳩の糞を堆肥として利用しています。

鳩はハーブを食べて育ち、その鳩の糞がハーブを育てる。庄内に地域循環型有機栽培が育っています。

山澤清は基礎化粧品の原料に、水もアルコールも使いません。水分は、「森の看護婦」とも呼ばれる北海道産の白樺樹液と自家製のヘチマ水を使います。白樺樹液も、ヘチマ水も人間が何百年、何千年と親しんだ美容の水。その美容効果と安全性は歴史が証明しています。

肌の炎症や切り傷、火傷にも効果があるといる国産ミツロウや、ごくわずかな量で肌のキメを整えることがわかっている「美人水」として親しまれてきたヘチマ水。黄色カラスウリの実には肌の修復機能や、乾燥肌の改善機能があるとされています。

山澤清の基礎化粧品は、日本で一番小さな自社工場で作られています。全ての商品は、調合から仕上げまで全てじっくり、ゆっくり手作り。

天然素材はとてもデリケートで気温や湿度の微妙な変化に影響されます。手作りでしか出来ない大切なことがあります。山澤清しか出来ないものが、ここにあります。

< 前のページ
次のページ >
4件 [ 1-4 ]

おすすめ商品

>